忍者ブログ

sacの、言い訳。

※shower snow after chocolateの後書になりますので、読んでから記事を開くことを切実に切実にオススメします。









 読んできただきましてありがとうございました!
 毎回毎回、こんな辺鄙なブログにわざわざ足をお運びいただきまして皆様には感謝をしておりますです。はい。
 今回はこう、とっても言い訳をしたい気分なので、あとがきを書く事にいたしました……
 よろしければ、お付き合いくださいませ。

 構想自体は半月前にはあったんですが、まぁ動画の進行とかいろいろありまして、手をつけたのは13日からという、超!突貫!作業でございました……
 こんなに長くなるとは思わなかったんですよ……なにこの文章量……
 後輩ちゃんをただの当て馬にはしたくなくて、できる限り可愛いんだよ!可愛いんだよ!と愛でるようにはしたんですがはてさて。まぁ、どうしたって脇役で名前が出てこないんだからアレなんですが、イメージ的にはラブライブのにこちゃんのイメージだったりします。にこちゃん可愛いよにこちゃん。
 きっと周りからもの好きだとかやめとけだとか散々言われてたと思うんですけど、ちゃんと告るところまで行った強者ですので、わたしも尊敬いたします。いやまじで。

 タイトルの『shower snow after chocolate』なんですが、しぐれ雪のちチョコレート、という意味で、時雨よりかは時期的に雪の方がいいのかな?晴天の霹靂から最終的にチョコレートを渡す話にしよう、と前編書き終わった段階でラストの方向性を決めて適当につけました……
 PIXIVにUPするのにチロルチョコの画像をお借りして、「あ、これ、これが降ってくる感じで丁度いいんじゃね?」とか、さらにオチが固まる始末で、いつもどおりの行き当たりばったり制作でございました。

 二人の距離なんですが、以前に書いた「化学変化」が「サクラサクラ」前のイメージだったかなぁ、今回は「サクラサクラ」後っぽいよなぁ、とか書いてみてから勝手に思ってました。
 燈馬君の、可奈ちゃんに対する考え方は大事な人だっていうベクトルはぶれないで、可奈ちゃんがどの程度自分の気持ちを整理できるのか、その点をちょっと頑張って書いた、つもりなんだけどなぁ。どうだろう書けてますかね。
 「金星」で見せた可奈ちゃんの嫉妬は、こいつなんで燈馬君にベタベタすんだよ?お前燈馬君の何知ってんだよという、こう、異質な存在に対しての警戒心込みというか、正妻力のなせるわざというか何を言ってるんだか分かんねぇよ自分で。
 逆に、燈馬君の事を本当に理解して、好きになる人っていうのが現れたとしたら、可奈ちゃんは嫉妬もするけれど、嬉しく思うんじゃないかなぁと、妄想を。燈馬君自体も人脈広いですけど、可奈ちゃんはホントにいろんな人を連れてきては関わらせる天才ですもの。それって、連れてきた人に対してのおせっかいもさることながら、燈馬君を一人ぼっちにさせたくない、理解者を増やしたい。そんな意図も混じってる気がスルンデスヨスルンデスヨ。

 最終的には告白もしていないんですが、この話的にはそれでいいと思うんです。
 やっぱり可奈ちゃんはまだどうしたらいいのか答えが見つからなくて。
 燈馬君は、可奈ちゃんの答えが出るのを待っている。
 (もう答えなんて見え見えなんだけど、気長に)
 二人共、それでもいい、それでも幸せだと思えているのであれば、もういいんじゃないかなぁとか生暖かく見守る気分になれるというかそんな感じで。
 話によって微妙にキャラ考察が違うので、なんか読むものによってぶれぶれしてしまうんです。本当、毎回申し訳ないです……

 今回、香坂さんがすごくいい奴に書けて、満足でした……
 幼馴染で親友!すごくいい。




 急いで書かなきゃとか思って書いてたので、飛んでる部分が多々あります……
 ちょっとづつ加筆はしようと思いますので、また、気が向いたときにでも読んで下さい……

 それでは、こんな与太話まで最後まで読んでいただきまして、超、ありがとうございました!
> 2014/02/16
PR
拍手(現在3種ランダム)web拍手

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

 


燈可奈アンソロ企画始めました!ご参加お願いしますっ!(切実)
SSはメインページから
気が向いたときにしか収納されない本サイト(爆)

このサイトについて

Q.E.D.証明終了想可奈無節操二次創作何でも置き場です。
拍手は各記事。拍手レスはコメントにて返させていただきます。
>>>はじめに(リンク等)
>>>通販について

Twitter

結構燈可奈絵をあげたりしてるのでお気軽にフォロミー。

貴方の還る場所(日記)